トレンドアフィリ記事でオリジナリティを出すための3つの要素

トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトって実際にやってみると気づきますがオリジナリティというものが非常に出しづらいです。

僕もトレンド記事を自分で書き、自分でトレンドサイトを運営していたころは『どうやったらオリジナリティを出せるのか?』ということを常に考えて記事更新をしていました。

今現在『そんなこと全然考えてないよ~』という方はさらに問題で、オリジナリティはトレンドに限らずSEO的にもバズらせる上でも非常に重要なことなのでしっかり考えるようにしたほうが良いと思います。

ここではいくつか自分自身がトレンドアフィリエイトというものを通じて感じたオリジナリティの作り方について書いてみたいと思います。

口コミや対話形式のコンテンツを作る

口コミや対話形式のコンテンツを入れることは非常に簡単に出来るにもかかわらず、非常に強力な独自コンテンツになります。

ある事柄についての世間の反応とか、この芸能人についてファンはこんなことを言っている。ということを第三者の目線を取り入れることで説得力をも持たせることが出来ます。

少し考えてみると分かりますが、ブログ運営者のいうことだけが永遠と語られたり持論が展開されていくよりも、他の人の意見も掲載されている方が信憑性も上がるというものです。

テキストだけで口コミを作るのもいいですが、WordPressの場合はプラグインなどを活用することでさらに見栄えが良くなり独自性に磨きがかかります。

口コミや対話形式のコンテンツ作成に役立つプラグインに関しては『吹き出し作成プラグイン『Speech Bubble』が便利すぎる!』を参照してください。

論点を意図的にズラす

論点をズラすというのは、例えば北川景子さんについての内容を書いている場合、彼女の出身校を書きたいのであれば

『北川景子さんの出身校は明治大学です』

というだけでは無く、

『北川景子さんの出身校は明治大学です。この大学は山下智久さんが卒業されたことでも有名ですね。当時から山下智久さんが在籍されていたことで二人の間に熱愛の噂などもありました。ちなみに山下智久さんは○○学部の出身で・・・』

という具合に次々に論点をズラしていきます。
論点をズラす=論点を派生させて行くといってもいいかもしれません。

上の例で簡単に説明すると、『北川景子さんの大学→同じ大学出身の人(山下智久)→熱愛の噂→山下智久さんの詳細情報』という風に論点がズレているのが分かると思います。

はじめと終わりの論点だけを見れば、その間には何の脈絡もないように感じますが、どこか一つの論点に注目して話題を派生させていくと他のサイトにはないオリジナルな文章が書けます。

画像はそのまま掲載するのではなく加工してみる

トレンドの場合、滞在時間やPV数の伸びに画像の有無は関わってくるので載せいている人も多いと思います。

しかし、そのほとんどがそのまま掲載しているだけであって何の工夫もされていないことがほとんどです。

画像を乗せるときには、その人物画像をそのまま載せるのではなく加工してみましょう。

ただ、書こうといっても特別な加工をする訳では無く、二人の人物を横並びにさせたり文字を入れたりするだけでOKです。

Aさんという芸能人がBさんに似ている!という趣旨の内容を書いているときにも、画像を横並びにして『どうでしょう?似ていると思いますか?』と読者に投げかけるだけでも他のトレンドブログよりはワンランクアップするはずです。

画像加工に役立つフリーソフトは有名なGIMPを使えばいいと思いますが、正直そこまでハイクオリティな加工をしないのであればGIMPはもてあますと思います。
特に今回のような画像を横並びにさせたら拡大縮小をさせるだけなのであればWindowsに標準搭載されているペイント機能などで十分だと思います。

スポンサードリンク