インプットとアウトプットのタイムラグを極端に狭めることが出来れば結果は出る

コラム

あなたはインプットとアウトプットどちらに重点を置いていますか?

インプットとアウトプットは勿論どちらも重要ですが、基本的にはアウトプットに比重を置くことで結果が早く出るといわれます。

しかし、ここで言いたいのはアウトプットの方が重要ですよーなんてことでは無く、なんでもいいからとりあえず速くアウトプットをしてくださいということです。
アウトプットが重要ですよって話は前提としての話です。

いつまでもアウトプットをせずにインプットだけし続けていると知識はあるのに何も生み出さない歩く広辞苑になるか、結果を残さないまま人生を終える可能性すらあります。

行動しない人の多さ

まずですが、どれだけいい情報を教えたとしてもほとんどの人は実行しません。
アウトプットしないんですね。

しかし結果を出すことが出来る人はすべからく皆、アウトプットをしています。

これは当然のことでいくら自分の頭の中に知識を入れ込んだとしても、つまりインプットをしてもそれを実行に移さない限りは結果として形に現れないからです。
普通に考えて当然のことですよね。

過去にセミナーなどに参加した経験のある方は思い返してみてください。
そのセミナーで学んだことを何かしらその後に実行に移しましたか?

恐らく95%以上の人はNOと答えると思います。

結果を出している人からすると本当に不思議過ぎて意味が分からないのですが、世の中の大半の人はみんなこういう状態です。

結果を出す人の特徴 ある女性の話

それじゃあ結果を出す人ってどんな行動をする人なんでしょう?

『インプットしたらすぐにアウトプットする人』

そうですね。
それも正解だと思います。

でももっと具体的に話すと、私の周りで大きな結果を出している多くの人はインプットとアウトプットを同時に行います。

これだけ聞くとどういうこと?と思うと思いますので具体例を挙げますね。

半年くらい前、僕は当時教えている方々(生徒さん)に向けて30人くらいのセミナーを開催しました。
セミナーの内容はサイトアフィリエイトで月100万円の壁を超える方法という内容でしたが、このセミナーには5名ほど初めましての方がいらっしゃたんですね。

その5名の方はいずれもまだアフィリエイトというもの自体をやったことがない方で、当然月の報酬も0円です。
(今考えると月の報酬0円でこの趣旨のセミナーに参加しただけでも素晴らしい勇気と行動力だとは思います)

セミナーは合計で4時間ほど行い、重要だと思うポイントを絞って徹底的にお伝えしました。

そして時は流れて4か月後。
ある一人の女性から私のLINEに一通の連絡が入りました。

正直見たことがない名前で初めは最近はやりの迷惑メール的なやつか~
暇なやつもいるもんだなぁ

くらいに思ったんですが(結果的に超失礼)、よくよく写真を見てみると見たことのある顔。

それは4か月前に実施したセミナーに足を運んでくれた5人のうちのひとりだったんですね。

お久しぶりです!
ということで挨拶が済むといきなり感謝のLINEが送られてきました。

なんとあのセミナーからわずか4カ月で月50万円を突破したというのです。

これにはさすがに僕も驚きました。
失礼は承知で言いますが、その時に参加した初心者の人たちの中には恐らくセミナーに参加はしたけど行動に移してくれる人はいないんだろうなぁと思っていたからです。

驚異の行動力

4カ月で50万円というスピード感も驚きですが、全くの素人がいきなり初めて50万という結果を出すことも驚きです。

でも、実際にその後LINEを通じて話をしていくと結果が出て当然だと実感しました。

それは彼女にセミナーの参加の仕方を聞いたときのことです。

恐らく多くの方はセミナーに参加してメモを取りながら話を聞くと思います。
そしてセミナー後はそのメモを見て復習しながら『いいこときけたなぁ~』といって満足するんですね。

復習するならまだいい方ですが、メモを取ったとしても見返すことすらしない人の方が多いんじゃないかと思います。

一方その女性はセミナー中何をやっていたのか?というと、『これは自分にもできそうだ!』と思った瞬間既にあったドメインとサーバーを使ってサイトを作り、商品選定やキーワード選定を行って記事を書き始めていたというのです。

これセミナー中の話ですよ?凄いと思いませんか?

極端にタイムラグを小さくすることが結果を出すポイント

この女性の話を聞いて改めて私の方が行動することの重要性を教えられた気がします。

僕も周りと比較したら行動はする方だと思っていますが、刺激されてもっともっとスピード感を持ちたいなぁと思いました。

今回の記事で伝えたかったことはとにかくインプットとアウトプットの間隔です。

この間隔、つまりタイムラグが少なければ少ないほど結果を出すことが出来るはずです。

まぁ当然の話ですよね。
話を聞いた、つまりインプットしたその瞬間が情報の鮮度としては一番高いわけですし、知識の精度的にもその時が一番高いはずです。

それをその場でアウトプットして実行に移すことが出来ればより正確な方向性で作業を進めることが出来ます。

基本的にこの情報の精度は時間が経つにつれて劣化していくし、最悪の場合は忘れ去られます。

例え今結果が出ていなかったとしても、こういう人はすぐに結果が出るようになると思いますね。

スポンサードリンク