新たな進化を求めてコンサルを受けることにしました!

ビジネスな日々

こんにちは。村田です。

久しぶりに近況報告記事を書いてみたいと思います。

というのも、先日からおよそ2年ぶり(?)になるコンサルを受けることになりました。

僕はアフィリエイトを独学で始めました。月30万くらいまでは完全独学だったのですが、それ以降は稼いだ金額を自分の成長のために再投資してきました。

アフィリエイトにおける投資には中古ドメインやサーバーなど、作業レベルでのものもありますが、基本的には自分よりも凄い結果を出している人に対してお金を払ってコンサルを受けるというのが一番大きいです。

この2年間は色んな仕事をしていたということもあり、忙しくてなかなか自分の成長に時間を使うことができませんでした。

ただ、最近ようやく余裕が出てきたのでまたガッツリ自分の成長に投資しようと思って久しぶりのコンサルをお願いしました。

月2,000万超えのアフィリエイターの思考

今回僕がコンサルをお願いすることにしたのは、月に2,000万以上稼ぐアフィリエイターです。

昔は月100万を越えればスーパーアフィリエイターみたいに言われていましたが、今では月1,000万以上がゴロゴロいますよね。

多分、アフィリエイトを始めたばかりの人やこれから始めようと思っている人が月1,000万とか2,000万と聞いても、あまりピンとこないと思います。

というか、人によって『そんなの嘘だろ』って思う人もいそうですよね(^-^;

まぁそれが普通だと思います。だって、普通に働いていたら月1,000万超えなんてあり得ませんもんね。。。

ただ、僕の周りだけを見ても、月1,000万を超えている人は結構います。人数にして5人くらいは知っています。

実際に会ったことがなくていいなら10人以上は確実に知っていますね。

月1,000万を超えるために必要なことは何か?

かねてからメルマガでは公言していますが、僕の直近の目標は月1,000万です。

これは色々なところにコミットしていて、自分を追い込みながら必ず達成したい目標です。(達成した暁にはこのブログでも見せられる範囲の報酬画面を公開しますので、楽しみにしていてください!)

そんな僕の目標の2倍以上の月収を稼ぎ出すって純粋にやばいって思ったんです。

正直、報酬額が高ければ高いほど凄いとは言い切れないのですが、実際にお会いして話してみた感じでこの人から教わりたいと思ったんですね。

僕は理論的にわからないこととか、因果関係がわからないことって基本的に嫌いなんです。

アフィリエイトには因果関係が完全に解明できないことも多々あるのですが(SEOがその典型)、それでもできる限り理詰めで考えていきたいと思っています。

実際にその方にお会いして、僕は質問したんです。

『今、○○さんが報酬0円からスタートするとなった場合、どんな戦略で月1,000万を目指しますか?』って。

そしたら、こんな回答が返ってきました。

『そうだなぁ。まぁ、確実に稼げるキーワードで上位表示させるかな。』

まぁ普通に当たり前だろwって思うところなんですが、次に僕が以下のような質問をしました。

『そのキーワードとは、商標ですか?それとも一般ワードですか?』

すると、『商標』と即答されました。

目的遂行のためには手段を選ばないハングリーさ

この記事を読んでいる多くの方は、商標の方が圧倒的に稼ぎやすいのを知っていると思います。

極端に言えば、商標で上位表示できればサイトのコンテンツなんてほとんど必要ありません。

一方、一般ワードはそのキーワードに内在するニーズや目的などを洞察して、ライティングで成約まで持っていく必要があります。

そのため、一般ワードでのサイト作成は初心者にはあまりおすすめできないといわれているわけですね。

ただ、サイト作成が難しい分、案件終了のリスクに怯えなくて済むというメリットもあります。

商標で稼いでいる場合には、案件が終了したら基本的には稼げなくなってしまうので、大きなリスクと隣り合わせなわけです。

僕はリスクヘッジのために、商標サイトは今まであまり作ってきませんでした。

でも、月1,000万を最短最速で目指すのであれば、商標でサイトを作ったほうが早いのは分かっていたんです。

それでもやらなかった。

なぜやらなかったのか?というと、リスクを取るのが怖かったからです。

でも、実際に月2,000万以上稼ぐアフィリエイターにお会いして思ったのは、リスクヘッジは確かに大切だけど、目的達成の前にリスクヘッジをするのはおかしな話だということです。

上位表示とは検索結果1位を取ること

また、上位表示の概念についてもすでに大きな学びがありました。

アフィリエイトをやっていれば上位表示って言葉よく聞くと思いますが、その人にとっての上位表示というのは検索順位1位ということのようです。

これは『なるほど。。。』ととても感心しました。

多分、多くの人はサイトが狙っているキーワードで2位や3位にきたら上位表示に成功した!と思うはずです。

でも、その人の場合は違います。1位でなければ意味がないとまで言っていました。

もちろん2位や3位でも報酬は上がります。

しかし、1位と2位では報酬の上がり方はまったく変わってくるんです。

2017年Google検索順位別クリック率データ

1位 :21.12%
2位 :10.65%
3位 : 7.57%
4位 : 4.66%
5位 : 3.42%
6位 : 2.56%
7位 : 2.69%
8位 : 1.74%
9位 : 1.74%
10位: 1.64%

検索順位別のクリック率ですが、これを見てもわかる通り、1位と2位では倍以上、検索流入に差が出ています。

今の僕の思考と大きく違うのは、とにかく狙ったキーワードで1位を取ること。

確実に1位を不動のものにすること。

という、改めて考えると当たり前のことでした。

中途半端なサイトには手入れをしていく

結果、今まで作ったサイトを手入れしていくだけでも相当報酬が伸びるのではないか?ということが分かりました。

もちろん、検索順位1位を確実に仕留めに行くには、相当な経験とSEOに関する深い知識が必要になります。

僕は今までSEOについて結構詳しく知っていたつもりでしたが、話しているとまだまだ未熟だと感じました。

コンサル期間は3カ月なので、とにかくこの期間に本気でSEOを学んでいこうと思います。

狙ったキーワードで確実に1位を取れる力を付けてきます。

対外的にはコンサルを募集していない方なので、今回受けることができるのはとても貴重な機会です。

ブログ読者の方やメルマガ読者の方に、有益な情報がお伝えできるようにまた1ランクレベルアップしてきますね(^^♪

スポンサードリンク