WordPressとテンプレートの導入

Web関連

WordPressを契約したレンタルサーバーにインストールする手順と、テンプレートの導入の仕方を解説します。

初めのうちはややこしいと思うかもしれませんが、今後WordPressを使っていく中で新しいサイトを立ち上げる場合はこの手順は毎回踏むことになりますので、今のうちにしっかりと自分一人で出来るようになっておきましょう。

WordPress導入手順

1

Xサーバにログインし、サーバーパネルにログインします。

2

『ドメインの追加』をクリックします。

3

『ドメインの追加設定』をクリックしてお名前ドットコムで取得したドメインを入力し、『ドメインの追加(確認)』をクリックします。

4

再度サーバパネルのトップ画面に行き、『自動インストール』をクリックします。

5

先ほど追加したドメインがあることを確認し、『選択する』をクリックします。(WordPressをインストールしたいドメインを選択)

6

『プログラムのインストール』をクリックして『WordPress日本語版』の『インストール設定』をクリックします。

7

すると上のような画面に行くので、『インストールURL』、『ブログ名』、『ユーザ名』、『パスワード』、『メールアドレス』をそれぞれ入力して『インストール(確認)』をクリックします。

以上でWordPressが指定のドメインで使用可能になりました。

テンプレートの導入

テンプレートはサイトやブログを作っていく上でのひな形です。

このテンプレートを使うことで初心者でもデザイン性の高いサイトや、高機能なサイトを作ることが出来ます。

現在、世界には様々なテンプレートが存在しており、SEO的にもテンプレートの良し悪しが関わってくるとも言われています。

勿論、WordPressにも初めから様々なテンプレート(WordPressではテーマ)がありますが、トレンドであっても普通のアフィリエイトをするんであっても向いているとは言えないデザインのものが多いのが事実です。

そこで、おすすめなのが『Stinger』というテンプレートです。

このテンプレートは無料でダウンロードできるのにもかかわらず、SEO的にもとても優れているといわれている優れものです。

デザイン的にもアフィリエイト向きだと言えます。

しかし、実際のところは人気のテンプレートであるためみんな使っていることから他のサイトやブログと差別化が出来ない(見た目、外見上という意味で)という欠点はあります。

初めのうちはここまで気にする必要はないかもしれませんが、記事が増えてきたり、アフィリエイト歴が長くなってくる中で満足いかなくなってしまったら有料のテンプレートの購入を考えてみるのもありです。

例えば、このサイトでも使用している『賢威』というテンプレートはとても有名で、操作のしやすさなどからも初心者の人にオススメです。

また、上に挙げたように外見上差別化できないことからスパム判定(手動ペナルティ)を受ける対象になる可能性が高くなります。

勿論受けない可能性もありますが、トレンドアフィリ自体、参入障壁が低いため初心者が参入してきやすい市場です。

そのため初期でお金を掛けないようにしてStingerをテンプレートとして選ぶ人が多いためどうしてもデザインがかぶってしまいがちです。

こうしたリスクヘッジの面も兼ねて有料テンプレートは考えに入れてみてもいいもしれません。

スポンサードリンク