アドセンスのリンクユニット(広告)が廃止?表示されない&作れないの問題の解決法

adsense

アドセンスにはさまざまな広告タイプが用意されていますが、そのなかでも特殊なのがリンクユニット。

こんなような広告タイプですね。

通常とは違い、合計2回のクリックがないと収益に計上されないということもあって、収益性の面でよく議論になるのですが、ブログをやってる人のなかには使いたい!って人も多いのではないでしょうか。

ただ、このリンクユニット。2019年6月ごろから『表示されない』『なくなった!』『廃止なの??』って声が多方面から上がっています。

実際、僕の知り合いでアドセンスをつい最近初めたという方がいるので、その方にアドセンス管理画面を送ってもらいました。

それがこちら。

・・・。

ほんとだ。

リンクユニットがなくなってる。

でも、僕のアドセンス管理画面を見てみると・・・

この通り、リンクユニット(リンク広告)があります。

今回は、この謎について取り上げます。

アドセンスの収益やPV数によって開放?

結論から言うと、この件についてはかなり調べたのですが明確な答えはわかりませんでした。

どこを調べても、1次情報であるGoogleの公式発表には、このリンクユニットに関する記述は見当たりません。

ただ、冒頭に掲載したように、僕のアドセンス管理画面には『リンクユニット』という広告タイプがたしかに存在します。

そのため、2019年7月現在でもリンクユニット(リンク広告)という広告タイプが廃止されたわけではないということが分かるでしょう。

Googleによる発表ではないので100%正確なことはわかりませんが、経験則からするとおそらく『収益やPV数によって開放される広告タイプになった』のだと思います。

リンクユニット(リンク広告)の左隣にある『関連コンテンツ』という広告タイプは、一定のPV数を満たしたサイトにしか開放されない隠し要素であることがすでに知られています。

おそらくですが、リンクユニット(リンク広告)も、この関連コンテンツと同じく一定の条件を満たした場合にのみ開放される広告タイプになったものと思われます。

リンクユニット(リンク広告)の開放条件は?

一定条件が必要であることが既に知られている『関連コンテンツ』という広告タイプは、サイトごとに条件が定められています。

『関連コンテンツ』をクリックすると、以下のように、この広告を設置する対象サイトを選ぶ欄が出てきます。

この欄には、条件をクリアしたサイトのドメイン名しか表示されていないので、立ち上げたばかりのサイトに関連コンテンツを使うことはできないようになっています。

一方、リンクユニット(リンク広告)を見てみると、以下の通りサイトを選ぶ欄は表示されません。

このことから、『リンクユニット(リンク広告)は関連コンテンツのようなサイト単位で条件が定められている広告タイプではない』ということが分かります。

ということは、おそらくアカウント単位で条件が定められていると思われます。

それが収益による条件なのか、アクセス数(PV数)による条件なのかはわかりません。

ただ、関連コンテンツが1サイト1,500~2,000PVの達成が条件と言われていることを考えると、これ相応の条件がリンクユニット(リンク広告)開放にも必要になってくると思われます。
(※関連コンテンツの解放条件もGoogleが正式に公表しているものではないので、正確な数字は不明です。あくまでも経験則からこのように言われているというだけです。)

調べてみると、2019年5月30日ごろからの仕様変更らしい

調べてみたところ、広告ユニット全体に大幅な仕様変更が加えられたのは、日本時間で2019年5月30日の夜とのことです。

以前は以下のような広告ユニット選択画面でした。

これが一変して、2019年5月30日の夜に前掲のような広告選択画面に一斉リニューアルされたようです。

以前は左上にある『テキスト広告とディスプレイ広告』というところをクリックすると、はじめから『リンクユニット(リンク広告)』を選択することができました。

そのため、廃止されたのではないか?と噂されているわけですが、上で解説したとおり廃止はされてません。

開放するための明確な条件は不明ですが、どうしても使いたい!という人は頑張って収益やPV数を積み重ねていくしかないようです。

スポンサードリンク